FAQ

これまでのFAQ(よくあるご質問)をまとめています

 
下記以外のご質問については、こちらのお問い合わせからどうぞ。

《目次》
【Q】どんな症状の方が、施術を受けておられますか?
【Q】どれくらいの間隔で受けたらいいですか?
【Q】1日に1回しか施術できませんか?
【Q】往診・出張施術は可能ですか?
【Q】もっと強く揉んでもらえますか?
【Q】どうして「お白湯」なの?
【Q】施術の前後に気をつけなければならないことは?
【Q】生理中や妊娠中に、施術を受けても大丈夫ですか?
【Q】男性が受けることは出来ますか?
【Q】遠隔施術は、どのようにお支払いすれば良いですか?

 

【Q】どんな症状の方が、施術を受けておられますか?

こちらのページで、これまで施術を受けてくださった方々の疾患について記載させていただいておりますので、ご覧くださいませ。

 

【Q】どれくらいの間隔で受けたらいいですか?

エネルギーセラピーSpareとリフレクソロジーでは少し違いますので、それぞれについて説明させていただきます。

【エネルギーセラピーSpare】

これまで、そして現在受けてくださっている方々の例として、

    月1回定期的に受けてくださっている方
    月1回の直接施術 + 数回の遠隔施術
    週1回の定期的施術
    1日おきの遠隔施術
    1日2回、3日間の集中施術
    1日1回、1週間の集中遠隔施術
    急性の症状が出た時のみの施術

など、患者さまによって施術の間隔はさまざまです。

基本的には、患者さまからのご希望によって決めさせていただきますが、現在の症状レベルから判断して、私の方からアドバイスさせていただくこともあります。

【リフレクソロジー】

リフレクソロジーは、足や手の疲れを取るだけではなく、身体の循環機能や血行を促進し、体内に溜まった老廃物を排泄しやすくし、各器官に毒素が溜まりにくくする効果があります。

体質改善を一番の目的にしていますので、毎日受けていただくことがオススメです。

とは言っても、なかなか毎日というのは難しいし、時間が取れない方もいらっしゃると思いますので、週に1回でも定期的に続けていただくことで、効果を実感できると思います。

 

【Q】1日に1回しか施術できませんか?

これまでにエネルギーセラピーSpareとリフレクソロジーを受けていただいた方々と、施術中にいろいろとお話させていただいていると、

「ゆっくりと話を聞いてもらいながら、施術を受けたい」

という方が、意外に多いんです。
  
初めの頃は、どうしてだろう?と不思議に思っていたのですが、最近では、その理由が少しずつ分かってきました。
  
  
それで、患者さんの意向をお聞きしながら進めていくうちに、現在では遠隔施術も含めて、比較的ゆったりと施術の時間を設定しています。

中には、

「今日もう1回受けることはできますか?」

と言ってくださる方もおられますが、“1日に1回しか受けられない”と思っておられる方もいます。

ゆったりした時間設定にしていますので、1日3回というのはなかなか難しいのですが、1日に2回まではご予約可能ですので、ご希望があれば予約時にお伝えください。

なお、症状によっては、予約状況次第で1日に3回のご予約も可能ですので、ご相談くださいませ。

リフレクソロジーについては、同じ部位を1日に2回の施術はできません。
手と足を1回ずつは可能です。
たとえば、
 
【1回目】 エネルギーセラピーSpare + 足のリフレクソロジー
【2回目】 エネルギーセラピーSpare + 手のリフレクソロジー
 
などと組み合わせて受けていただくことも出来ます。

エネルギーセラピーSpareについては、1回目と2回目の施術の間に少し時間をいただきますが、リフレクソロジーのみのご予約で、
 
足のリフレクソロジー + 手のリフレクソロジー
 
の場合は、足と手を続けて施術いたします(施術時間は、1時間くらいです)

 往診の場合は、1日1回とさせていただきます。

 

【Q】往診・出張施術は可能ですか?

現在、土・日・祝日の施術は遠隔・往診のみとなっておりますが、ご相談に応じています。
詳細についてはこちら

お仕事や学校などで平日の施術を受けられない方や、ご家族やお友達と一緒に施術を受けたいという方におススメです。
(往診の場合の料金は、施術代+交通費となります)

往診施術は、基本的に、片道1時間半以内とさせていただいております。

しかし、遠方の方で、

「いつも遠隔施術ばかりなので、どういう風に施術をしているのか、一度見てみたい」
「家の中をチェックして欲しい」
「サロンへ持って行けないものなので、直接診て欲しい」

などのご依頼に、出来る限りお答えしたいと思っています。

ご希望の方は、メール、または、ご予約お問い合わせ からご相談ください。

 

【Q】もっと強く揉んでもらえますか?

台湾式リフレクソロジーは、英国式リフレクソロジーと比較すると、揉む時の力加減が強めになります。

手や足の状態は患者さまによって違いますし、日々の健康状態によっても変わってきますので、痛みを感じる場所が、その都度変わってくることも多いです。

いつも患者さまの顔色や足の反応を見ながら

「このくらいの強さで大丈夫ですか?」
「もう少し弱めましょうか?」

とお聞きしながら施術をしております(足に力が入り過ぎると、効果が半減してしまいます)

それでも、「痛そうでコワイです」という場合は、最初から極々弱めに揉んでいきます。

最初は「痛い、痛い」とおっしゃっている方でも、ほぐれてくるとリラックスされ、途中から熟睡される方もいらっしゃいます。

逆に「もっと強く揉んでください」というのは、これまで一度もリクエストを受けたことがありませんが、テレビなどでの罰ゲーム級まで可能ですので、試してみたいという方がおられましたら、いつでもどうぞ。

力加減を調節しながらしっかり揉んでいき、「イタ気持ちいい~♪」と感じていただけるのがベストです。

施術後は、手や足がポカポカして温かくなり、冷え症だけでなく、足のむくみや便秘が気になる方にもオススメです。

 

【Q】どうして「お白湯」なの?

home salon or*angel では、施術を受けてくださった患者さまに「お白湯」をお出ししております。

エネルギーセラピーSpareとリフレクソロジーでは、「お白湯」を飲む意味が違います。

エネルギーセラピーSpareによってエネルギーの流れがスムーズになったところに、「お白湯」は、解毒、排毒を後押ししてくれる働きもありますので、施術後にオススメしています。

遠方にお住まいで遠隔施術を受けられている患者さまも、施術後は、出来るだけきれいなお水を飲んでくださるようにお願いしています。

そして、リフレクソロジーを行うと、血行が良くなって新陳代謝が高まり、身体が老廃物を排出しやすい状態になります。

そこで水分をしっかりと取ってあげることによって、身体の外に出しやすくなるのです。

夏でしたら「冷たいお水が飲みたいな」
冬でしたら「お白湯じゃなくて、温かいものが飲みたいな」
と思われるかもしれませんが、
喉や胃に負担を掛けないように、そして、施術後の効果を高めるために、優しい温度で摂取していただいております。

 

【Q】施術の前後に気をつけなければならないことは?

【リフレクソロジー】
リフレクソロジーを受けられる時は、お食事は出来るだけ1時間前までに済ませていただくか、施術後にお願いします。

消化の際に胃に集まるべき血液が、リフレクソロジーで全身に分散されることによって、消化不良を起こすおそれがあります。
施術直後は非常に血行が良くなっていますから、激しい運動やサウナ、大量の飲酒などは、心臓に過度な負担を掛けることに繋がります。
また、施術後は眠気を誘う場合がありますので、お車でお越しの際はご注意ください。

【エネルギーセラピーSpare】
エネルギーセラピーSpareを受けられる前に注意すべきことは、特にございません。
身体が健康に向かう過程での変化が著しく現れることを「好転反応」と言います。
施術後は、今までエネルギーの流れが悪くなっていた部分が、施術後に急に流れ始めると、だるさ、眠気、下痢、トイレが近くなる、空腹感、軽い頭痛や湿疹などが起こる場合があります。
しかし、これらはあくまで、それ以前の身体の状態が芳しくないために、健康的な普通の状態に身体がすぐに順応し切れずに起こっているものであり、更にどんどん悪化したり、長く続くことはありません。
また、好転反応は、誰にでも必ず起きる訳ではありません。
その日のコンディションにも影響を受けるため、1回目の施術では無かった人が、2回目に好転反応を感じる場合もあります。
(自らの身体で快復させていきますので、副作用の心配はありません)
もし好転反応が出た場合は、15~30分程度、横になって休んでいただくか、体内の老廃物を効果的に排泄しやすくするために、きれいなお水をコップ1杯飲んでいただくことをお勧めします。
好転反応が長く続いたり、ご心配な場合は、サロンまでご連絡くださいませ。

 

【Q】生理中や妊娠中に、施術を受けても大丈夫ですか?

リフレクソロジーをする際に、生理中に子宮の反射区を刺激すると、血行が良くなって一時的に出血の量が増え、貧血を起こす可能性がありますので、生理3日目までの多い日は、子宮の反射区を避けて揉んでいきます。

また、妊娠中は、生殖関係がデリケートになっていますので、子宮や卵巣の反射区を避けて施術を行います。
妊娠中は、子宮が大きくなって下半身から上半身へと水分が戻りにくく、足がパンパンに浮腫んで、ふくらはぎや足首などに痛みを生じることもあります。

リフレクソロジーは、足の筋肉を揉み解すことで血行を促進したり、リンパの流れを整えていきますので、このような症状が和らいだり、お母さんと繋がっているお腹の赤ちゃんへも、必要な栄養や酸素を充分に供給できるようになります。

お母さんの体内の循環(環境)が良いということは、赤ちゃんにとっても成長の必須条件なのです。

新陳代謝を高めたり、もともと自分の体が持っている働き(自然治癒力)を引き出すものですから、妊娠経過が順調な妊婦さんでしたらOKです。

エネルギーセラピーSpare、リフレクソロジーともに、生理中の方でも、妊娠されている方でも、安心して施術を受けていただけます。

 

【Q】男性が受けることは出来ますか?

自宅サロンおよび往診での施術は、基本的に『女性限定』とさせていただいております。
それは、施術時間中は、私一人しかいないからです。
  
と言っても、エネルギーセラピーSpareもリフレクソロジーも、老若男女を問わず、どなたにも受けていただける施術です。

「私の主人(彼氏)に受けさせたい」
「友人の男性がエネルギーセラピーSpare(または、リフレクソロジー)を受けたがっています」

そういう男性の方にもぜひ受けていただきたいと思っていますので、以下の条件付きで施術させていただいております。

【条件1】
サロンまたは往診での施術を1回以上受けたことのある方、
もしくは、ブログのコメントやメール等で、私と交流のあるブログ友さんの紹介であること。
  
【条件2】
【条件1】の方と一緒に来ていただくこと。
(女性の方は、施術を受けていただいても、付き添いで来られるだけでも、どちらでもOKです)
  
【条件3】
「【条件1】を満たしていなくて、私も一度も施術も受けたことがありませんが、私も一緒に行きますので、主人(彼氏)を診てもらいたいのですが…」
  
こんな風に思ってくださっている方も、きっとおられるだろうと思います。
  
私も、心の中では、エネルギーセラピーSpareやリフレについて理解して「受けてみたい」と思ってくださっている方には、喜んで施術させていただきたいと思っています。
でも、現実的にはこうせざるを得ないところがあるので、心苦しく思っています。

そこで!
【条件3】の方は、ご相談、ご予約、ご連絡等をしていただくメールに、簡単な自己紹介を書いて送っていただくことで、お受けしたいと思っています。

初めてお会いする方とは、最初に、自宅サロンの場所をお伝えしたり、最寄り駅からの道順をご説明させていただくため、何度かメールのやりとりをさせていただきます。

長年続けてきたブログからも、私のことを知っていただくことは出来ると思いますが、そのメールのやりとりの中で、私との交流の第一歩のつもりで、私について知っていただけたらと思っていますので、お気軽にご連絡くださいね。

症状によってはすぐに効果は出ないかもしれませんが、私がこれまでたくさんの人に助けていただいた分、精一杯、心を込めて自分の施術をさせていただきたいと思っています。
 
身近な方が体調が悪い、お疲れの様子でしたら、ぜひご紹介ください。

リフレの学校に通っていた頃は、毎日のようにたくさんの男性の足を揉んできましたので、大きい足、分厚い足、むくんだ足、スポーツ等で硬くなった足・・・などなど、いろんな男性の足にも慣れています。
男性の方もお待ちしております。

 

【Q】遠隔施術は、どのようにお支払いすれば良いですか?

遠隔施術については、月末締めで、翌月初めにメールで請求書を送付させていただきます。
翌月10日までに、指定の口座にお振込みをお願いしております。

近日中にサロンのご予約をいただいている患者さまでしたら、当日現金にてお支払いくださっても大丈夫ですので、その旨をお伝えくださいませ。

 

PAGE TOP