【祥子のon & off通信】今年の漢字

「身体の土台から自信と笑顔を取り戻す」を理念に
赤ちゃんからご高齢の方まで
全国からリピーターが通うこだわりサロン
エネルギーセラピーSpare & リフレクソロジー
千葉県松戸市 home salon or*angel 髙井 祥子です。

 

年末になると毎年、今年の世相を表す漢字が発表されます。

今年の漢字は「北」でしたね。

オレンジェルが新たな一歩を踏み出した今年。
漢字にすると何だろうな~と考えていました。

 

1 入り口・表から中のほうへ深く入った所。「洞窟の奥」「引き出しの奥を探す」
 
2 ㋐家屋の、入り口から内へ深く入った所。家族が起居する部屋。また、奥座敷。
  「主人は奥にいます」「客を奥へ通す」
  ㋑江戸時代、将軍・大名などの城館で、妻妾 (さいしょう) の住む所。「大 (おお) 奥」
 
3 ㋐表面に現れない深い所。内部。「言葉の奥に隠された本音」
  ㋑心の底。内奥 (ないおう) 。「心の奥を明かす」
  ㋒容易には知りえない深い意味。物事の神髄までの距離。「奥が深い研究」
  ㋓芸や学問などの極致として会得されるもの。奥義。秘奥。「茶道の奥を極める」
 
4 行く末。将来。
  「伊香保ろの沿ひの榛原 (はりはら) ねもころに―をなかねそまさかし良かば」〈万・三四一〇〉
 
5 物事の終わりのほう。特に、書物・手紙・巻物などの末尾。
  「―より端へ読み、端より―へ読みけれども」〈平家・三〉
 
6 《2㋑から》身分の高い人が自分の妻をいう語。また、貴人の妻の敬称。奥方。夫人。→奥さん →奥様
  「この―の姿を見るに」〈浮・一代女・一〉
 
7 《「道の奥」の意》奥州。みちのく。
  「風流の初 (はじ) めや―の田植うた」〈奥の細道〉
 
参照:デジタル大辞泉(小学館)・Wikipedia

 

私の今年の漢字は「奥」でした。
上記の3・4・5の意味が、私の心にしっくりときます。

エネルギーの世界に触れるようになってから、「表」と「裏」のエネルギーには常に触れてきました。

しかし、それだけでは、どうも見えてこない部分が出てきました。

それが、Spareが生まれてから徐々に姿を現わし、見えてきたのが「奥」のエネルギーでした。

「奥」だけでなく、「奥の奥」そのまた更に「奥の奥の奥」。

いくつもの「奥」が見えてきたことで、「表」や「裏」では見えなかった物事の怖さ、人間の怖さも知りました。

だけど、ヒラメキもたくさん生まれました。

結果、施術に役立っているのだから、怖さも消失。
「奥」は深い♪

▼【祥子のon & off通信】は、こちらからご覧いただけます↓

▼ご予約やご連絡に便利ですので、下記を押して、ぜひ友だちに追加してくださいね!

友だち追加

【受付中】 身近なエネルギーを感じるホームケアスクール
~ 身近なエネルギーを感じることで、自分・家族・お客さまを守る ~

詳細・お申込みはこちらから

髙井 祥子(Takai Sachiko)
硬くなった心と身体が動き出す空間を提供しています。症状の改善だけではなく、ご自分に合った生活スタイルや食習慣などの改善方法についても独自のエネルギー的観点からアドバイスし、身体の土台からしっかりと立て直していきます。
プロフィールの詳細はこちら

関連記事

home salon or*angel

千葉県松戸市五香(「五香駅」から徒歩8分)

open: 9:00~18:30(日曜日・祝日は9:00~17:30)

closed: 毎週木曜日、第2・4日曜日、不定期で土曜日

◎完全予約制

最近の記事

アーカイブ

最近のコメント

PAGE TOP