今年最初の映画

今年最初の映画鑑賞は、大泉洋さん主演の「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」。

関西に住んでいた時に「水曜どうでしょう」で大泉洋さんを知ってから、実は洋ちゃん好きなんです。

実在した(洋ちゃん演じる)鹿野さんのケアをした延べ500人ものボランティアさん。
幼い頃から難病の筋ジストロフィーを患い、34歳になる今では体で動かせるのが首と手だけ。
24時間365日、誰かの介助がないと生きていけない体。

ボランティアの数にも驚きましたが、「夜中であってもバナナが食べたくなったら、ボランティアに買いに行かせる」という鹿野さんのワガママ度がすごくて、でも憎めない人で、ただ自分に正直に生きているだけ。

今やりたいことをやって、今食べたいものを食べる。
そんな普通のことが出来ていたら、障害の有り無し関係なく、「元気」という「気」で満たされるんだなと。

映画の最後で鹿野さんの写真が出てくるのですが、洋ちゃんが演じた鹿野さんそっくりでクスッと笑えました。

今私も「自分がやりたいことを優先してやる」時期に来ているので、

自分が本当にやりたいことなのか?
自分が本当に欲しいものなのか?
自分が本当に食べたいものなのか?

いつもではありませんが、ふとしたタイミングで考えるようにしています。

【受付中】 身近なエネルギーを感じるホームケアスクール
~ 身近なエネルギーを感じることで、自分・家族・お客さまを守る ~ 詳細・お申込みはこちらから

髙井 祥子(Takai Sachiko)
硬くなった心と身体が動き出す空間を提供しています。症状の改善だけではなく、ご自分に合った生活スタイルや食習慣などの改善方法についても独自のエネルギー的観点からアドバイスし、身体の土台からしっかりと立て直していきます。
プロフィールの詳細はこちら

関連記事

home salon or*angel

千葉県松戸市五香(「五香駅」から徒歩8分)

open: 9:00~21:00

closed: thu, 2,4sun & irregular sat

◎完全予約制

最近の記事

  1. 2019.02.9

    ブログ13周年
  2. 2019.01.17

    ぜんざい

アーカイブ

PAGE TOP