【症例】虚エネルギーの開放 その②

「身体の土台から自信と笑顔を取り戻す」を理念に
赤ちゃんからご高齢の方まで
全国からリピーターが通うこだわりサロン
エネルギーセラピーSpare & リフレクソロジー
千葉県松戸市 home salon or*angel 髙井 祥子です。

 

前回からの続きです。

 

ここまで施術した段階で、遠方の患者さんのため、お電話での遠隔施術なので、私は実際に見ていませんでしたが、身体の一部分の症状は、劇的に善くなったとのことでした。

ちょっとしたことでお母さまを怒って叩くことも無くなり、自分のやることすべてが信じられなかったり、お母さまがいくらお子さんのことを大好きだと言っても、その言葉を信じられなかったようですが、自分を愛してくれていることをようやく信じ切ってくれたそうです。

しかし、身体には力が入らず、動くとだるく、しんどい状態は続きました。
学校へも、理由を説明できないだけに、やっとの思いで通っておられました。

最初の『魔』のエネルギーを施術した後、ここまでの『虚』のエネルギーはすでに私にも感じていましたので、幻聴(心の声)を1つずつカウントダウンしながら、進めてきました。

しかし、またお子さんが、「また奥の方から、幻聴が聴こえてきました」とおっしゃいました。
今度は、めまい、ひどい頭痛、そして、人と話すのも苦痛になってきたとのこと。
話すことすらままならないので、学校へ行っても、友達との関係も悪化しつつありました。

学校へ行くのも辛く、病院へ行っていないのも変に思われるからと、必死の思いで行ったものの、1時間後には倒れてしまい、クラスメイトに抱えられて保健室へ運ばれました。

しかし、一方で、少しずつ希望の光も見え始め、お子さん自身のパワーは上がり出し、食欲も出てきました。

確かに、またその奥から、新たな『呪縛』エネルギーが顔を出していました。
まだお子さんが1歳にも満たない頃から、このエネルギーの影響を受けておられました。

前世から間違ったリンクをされることで、今世のお子さんの魂の質を変えられていたり・・・
『虚』のエネルギー施術は更に更に続きました。

いったいこのお子さんの魂は、どれだけの『虚』のエネルギーに支配されているのだろうか・・・

こんなに小さい身体で、これだけのマイナスエネルギーを背負い、腹立たしい思いでいっぱいになりました。

その③へ続きます。

 

▼これまでの症例(患者さまの声)についてはこちらから

▼ご予約やご連絡に便利ですので、下記を押して、ぜひ友だちに追加してくださいね!

友だち追加

【受付中】 身近なエネルギーを感じるホームケアスクール
~ 身近なエネルギーを感じることで、自分・家族・お客さまを守る ~

詳細・お申込みはこちらから

髙井 祥子(Takai Sachiko)
硬くなった心と身体が動き出す空間を提供しています。症状の改善だけではなく、ご自分に合った生活スタイルや食習慣などの改善方法についても独自のエネルギー的観点からアドバイスし、身体の土台からしっかりと立て直していきます。
プロフィールの詳細はこちら

関連記事

home salon or*angel

千葉県松戸市五香(「五香駅」から徒歩8分)

open: 9:00~18:30(日曜日・祝日は9:00~17:30)

closed: 毎週木曜日、第2・4日曜日、不定期で土曜日

◎完全予約制

最近の記事

  1. 2020.11.5

    北の恵み

アーカイブ

最近のコメント

PAGE TOP