【症例】受験に向けてケアレスミスを減らすための施術②

「身体の土台から自信と笑顔を取り戻す」を理念に
赤ちゃんからご高齢の方まで
全国からリピーターが通うこだわりサロン
千葉県松戸市 home salon or*angel 髙井 祥子です。

 

前回記事からの続きです。

 

まだ、お子さんのケアレスミスに繋がっている原因は、問題をよく読んでいないからでもなく、目が悪くて良く見えていないからでもないと感じました。

 

お祖母さまの寂しさも理解はできますが、お祖母さまの言葉の裏に「お金と引き換えに」があるということが、お母さまを苦しめていたのも事実です。

 

お子さんへの施術としては、母から植え付けられてしまった

*物事の考え方
*価値観
*ストレスに弱い
*過緊張
*金銭感覚

を施術しました。

とにかく、お母さまもお子さんも、頭もカチカチ、物事の考え方もカチカチになっておられます。

 

 

写真遠隔で、テストや模試をやっている時のお子さんの目線をエネルギーで追ってチェックしてみると、1つの問題を読んでいる途中で、目線があちこちへ飛んでいるように感じました。
これでは、ケアレスミスをしてしまうのも納得です。

では、問題を読んでいる途中で、なぜ目線があちこち飛んでしまうのか?原因を探っていくと、「母の金銭感覚」が原因だという反応が出てきました。

「お金がかかる」
「お金が・・・お金が・・・」

と、回数で言うと、今までに89万回ぐらい、お子さんはお母さまから言われ続けていたようです。

お金のことばかり言われ続けてきたので、勉強していても、テストを受けていても、いつもお金のことが気になって、気持ちがセカセカして落ち着かず、脳も集中できなくて、目線があちこちへ飛んでしまっていたようです。

受験は、確かにお金が掛かります。
たいていのご家庭でも、お子さんにはお話しされると思います。

しかし、受験のことだけでなく、このお母さまからお子さんへの今までのお金の話として、10で足りているとしたら、今まで36もしておられたようです。

 

そして、頑固にメガネを嫌がっていた理由は・・・

目が見えにくくなってきている「不安」を両親に言えず、その「不安」が今度は「ストレス」になり、「勉強に対しての不安」を生んでしまったこと。

「もしかしたら、メガネをすることで、もっとケアレスミスが増えてしまうんじゃないか?」

と「不安」を更に大きくしてしまったことで、余計に目が過敏に反応してしまっていたようでした。

ケアレスミスは、問題をよく読んでいないからでもなく、目が悪くて良く見えていないからでもなく、母から「お金」という言葉を言われ過ぎだったからです。

 

「髙井先生、ありがとうございました。
 
 お金の件は、私も髙井先生に相談していた時から、なんとなくですが気付いていました。
 年末に読んだ本で、親の嫌なところがあっても、親が悪いのではなく、親もその両親から影響を受け、先祖代々から続いている負の感情であり、自分が経験したそれを子供に引き継いではいけないと。
 
 ずっと続いたものを断ち切るにはそれなりの痛みをともない覚悟が必要だと。
 
 それを読んで祖母、母、私から引き継いだお金に関するマイナスの感情を断ち切ろう、きっと母から色々言われてきついかもしれないけど、私で食い止めようと決意していたところでした。
 髙井先生にも「お金の試練の時」と言われていたのも納得していました。
 
 ただ、もうすでに○○(お子さん)にお金の負の感情を与えてしまっていたのですね。
 ○○には、お金に関するマイナスなことは、これからはいっさい言わないつもりです。
 今からでも出来ることはこのくらいかもしれませんが(遅すぎて○○には申し訳ないですが)。

 

親から受け継いでしまった「マイナスのエネルギー」は、自分で変えていけるものと、一生変えられなくて次の代へも引き継がれてしまうものもあるんだろうと思います。

しかし、自分で変えていけるものに気付いた時点で、それに向き合って、自分なりに変えていけばいいと、私は思っています。

お子さんは「まだまだ上の世界がある」ということを学べたようですし、お母さまにも、今までの考え方を変えて、今のお母さまだからこそできる「お金への向き合い方」をしていただきたいと望んでいます。

「お金」のエネルギーは、ある程度合わせておかないと、うまくお金が回らなくなります。

 

受験直前に「食べ物など気をつけることがあったら教えてください」とのことでしたので、注意点を2つお伝えしました。
この2つに気を付ければ、今持っている実力を出せるし、この時期のウイルスに感染しようが、自力で撃退できるはずです!

「今までサポートしてくださりありがとうございました。
 先生の2点を気を付ければ実力を出せるという言葉に、不安な私に安心感をもたらしました。
 
 私の持っている情報でやれることはやってあげたと思っています。
 母からの誘いや○○につなぐ電話を2回断りましたが、今までは母に断ると罪悪感や分かってくれない気持ちで辛かったのですか、強い意志をもって断り、罪悪感もありませんでした。
 自分も少し成長できたかな(^^)
 
 これから1ヶ月続きますが、どんな結果でも意味があるものとして受け入れていこうと思います。
 ありがとうございます。

無事に、第1弾の受験は合格されました。
お腹も壊さず、大丈夫だったそうで良かったです。

親子揃って、強い意思を持てるようになり、成長されたことと思います。
次の受験も、頑張ってくださいね!
応援しています!

 

▼これまでの症例(患者さまの声)についてはこちらから

 

【受付中】 身近なエネルギーを感じるホームケアスクール
~ 身近なエネルギーを感じることで、自分・家族・お客さまを守る ~

詳細・お申込みはこちらから

 

髙井 祥子(Takai Sachiko)
硬くなった心と身体が動き出す空間を提供しています。症状の改善だけではなく、ご自分に合った生活スタイルや食習慣などの改善方法についても独自のエネルギー的観点からアドバイスし、身体の土台からしっかりと立て直していきます。
プロフィールの詳細はこちら

関連記事

最近の記事

  1. 2018.02.19

    新たな波動

最近のコメント

PAGE TOP