【症例】「毒」なのに必要?

「身体の土台から自信と笑顔を取り戻す」を理念に
赤ちゃんからご高齢の方まで
全国からリピーターが通うこだわりサロン
エネルギーセラピーSpare & リフレクソロジー
千葉県松戸市 home salon or*angel 髙井 祥子です。

 

今日お電話で遠隔させていただいた男性患者さまは、かなりのヘビースモーカーだそうで、これまでに奥さまやお子さん達を施術させていただいた時に、「タバコ」が施術項目として挙がってきたことが何度かありました。

「パパ、タバコを止めてくれないかなあ?」と思っていても、仕事の大変さやストレスを傍で見ていて、仕方なくパパのタバコを受け入れざるを得ない状況にあるようでした。

前々回のパパさんの遠隔施術の際に、

「タバコがねぇ~、仕事の付き合いもあるし、なかなか止められないんですよね~。
 やっぱり辞めた方がいいですかねぇ~?」

と聞かれました。

 

 

今や、医療機関では禁煙外来もあるほど、なかなか自力で止めることは難しいタバコです。

私の父も、私が幼い頃から、家の中でずっと吸っていました。
何度か禁煙に挑戦しましたが、数日しか持たず、終いにはベランダ族になってまで吸っていましたが、高齢になって血圧が気になり出した頃に、ようやく辞めました。

主人も、お付き合いを始めた頃は吸っていたのですが、新車を買ってから、車内が臭くなるのが嫌だという理由で辞めました。
「私と離婚したければ、タバコ吸ったら離婚できるよ~」と冗談1割、本気9割で言えるぐらい、私は昔からタバコの煙が苦手です。

 

このパパさんも、タバコのエネルギーをチェックしてみると、身体のあちこちが侵されていました。

メインの症状の施術と並行して、タバコの施術を今日まで3回してみて分かってきたことは、一般的には「タバコ」=「毒」というイメージが強いですが、今、パパさんがタバコを完全に辞めてしまうと、“体内で異常が発生する可能性があるよ!”とのことでした。

これは、このパパさんに限ってのことですが、身体に少量の「毒」を入れておくことで、体内のさまざまなバランスが取れているようです。
特に、人に対しての「愛情」のプラス感情のエネルギーが、良い具合に身体中にフワ~ッと満ち溢れてきて、気持ちに余裕が生まれ、対人関係にも良好に働くようです。

ということで、現状では3本では済まないようですが、

「一日に3本までなら、逆に『毒』にはならないみたいですよ」

とお伝えすると、電話の向こうでニヤッ(笑)とされているようなエネルギーを感じました。

おそらく遠隔の後、奥さまやお子さん達には、「辞めたらダメって言われたよ~!」と嬉しそうに話されたのではないでしょうか。

“奥さま、お子さん達、ごめんね~”と、なぜか私が心の中で謝ってしまいました。
私も個人的な意見としては、出来れば、パパさんに辞めて欲しかった!

朝、昼、夕の食後の一服ですね!
ただし、一日に3本以上吸うと、やはり身体には「毒」となってしまいます。

しかし、数年後には、今よりも歳を重ね、身体にもさまざまな変化が出てきて、一日3本でも「毒」になるよ!という反応に変わる可能性もありますので、要注意です。

さて、パパさんは、一日3本を守ってくださるでしょうか?

 

明日は、「ERTチャレンジコース」を受講するために、大阪へ帰省する予定です。
明日のお題は、「アレルギーと毒」。
朝3時起きで、頑張ってきます!

 

▼これまでの症例(お客さまの声)についてはこちらから

▼ご予約やご連絡に便利ですので、下記を押して、ぜひ友だちに追加してくださいね!

友だち追加

【受付中】 身近なエネルギーを感じるホームケアスクール
~ 身近なエネルギーを感じることで、自分・家族・お客さまを守る ~

詳細・お申込みはこちらから

髙井 祥子(Takai Sachiko)
硬くなった心と身体が動き出す空間を提供しています。症状の改善だけではなく、ご自分に合った生活スタイルや食習慣などの改善方法についても独自のエネルギー的観点からアドバイスし、身体の土台からしっかりと立て直していきます。
プロフィールの詳細はこちら

関連記事

home salon or*angel

千葉県松戸市五香(「五香駅」から徒歩8分)

open: 9:00~17:30(受付9:00~16:00)

closed: 毎週木・日曜日、不定期で土曜日

◎完全予約制

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP