【症例】足のトラブル

「身体の土台から自信と笑顔を取り戻す」を理念に
赤ちゃんからご高齢の方まで
全国からリピーターが通うこだわりサロン
千葉県松戸市 home salon or*angel 髙井 祥子です。

 

「足から健康になる」という言葉があるほど、足は体全体と繋がっています。

リフレクソロジーで揉んでいるところは、分かりやすいように「足ツボ」と言われたりもしますが、正確には、体の各器官と繋がっている「反射区」と言います。
「足ツボ」というと“点”というイメージですが、「反射区」は“面”を指していて、リフレクソロジーではその面をしっかりと揉みほぐしていきます。

それぞれの反射区を刺激すると、その関連している器官にまで刺激が伝わり、各器官の働きが活発になることで循環機能を良くし、体内の老廃物を出しやすくして、各器官に毒素が溜まりにくい体へと変えていきます。

疲れてしまっている器官の「反射区」を押してみると、ゴリゴリとした大きな塊があったり、ピンと張って硬くなっていたりして、イタ気持ちいい痛みを感じます。

サロンまでお越しくださる患者さまの9割が、リフレクソロジーか整体のどちらか、または両方をご希望されます。

 

 

リフレクソロジーには、以下の4つの効果があります。

①血行促進
②新陳代謝を高める
③自然治癒力の維持と向上
④各器官の活性化

これら4つの効果が出ることで、体質改善へと繋げていきます。

リフレクソロジーには上記のような効果がありますが、オレンジェルでは更に、反射区に対応する器官からの「異常エネルギー」「SOSエネルギー」を感知した場合は、そこからの情報を元に、エネルギーを整えながらの施術もしていきます。

 

 

昨日サロンへお越しくださった中学生の男の子。
普段は写真遠隔ばかりですが、「左腰が痛いので髙井さんのところへ行きたい」とお母さまと一緒に来られ、お会いするのが1年ぶりでした。

それと、お母さまからのご依頼は「成績を上げないといけないのに、やる気が出ないらしい」とのこと。

 

私が骨や筋肉の状態を診るのも、あくまでも「エネルギー」から。
「歪みのエネルギー」や「捻れのエネルギー」「出っ張りのエネルギー」「回転のエネルギー」など、身体が出しているエネルギーサインを読み取って、日常の癖や姿勢、習慣などとの関連を調べながら調整していきます。

骨盤が、右回転+右下がりになっていて、右肩も下がっている。
肩甲骨から腰回りの筋肉も緊張状態に。
 
骨盤や腰回りの筋肉に触れて検査していると、何やら足の方からモヤッとサインが。

足の方へ移動してチェックしてみると、ハハーン!そういうことか!(私の心の声)

 

私:
「○○くん、靴が小さくなってるんとちゃう?
 足裏(のエネルギー)がピタッと地に付いてないよ」

この一年間で身長が12センチ伸びたそうなので、足も大きくなっていますよね。

普段履いている靴と、部活で履いている靴、通学時に履いている靴をイメージしてもらいながらチェックしてみると、

私:
「2、3ヶ月くらい前から、部活の靴が合わなくなってきているみたいだけど」

お母さま:
「そうなんです。それぐらいの時期から、そう言えば、部活の靴を買って欲しいって言っていました!」

 

靴以外にも腰痛を起こしている原因はあったのですが、足裏がしっかりと地に付いていないことで、脳の機能もやる気スイッチが入らなくなっていたようです。

 

▼これまでの症例(患者さまの声)についてはこちらから

 

【受付中】 身近なエネルギーを感じるホームケアスクール
~ 身近なエネルギーを感じることで、自分・家族・お客さまを守る ~

詳細・お申込みはこちらから

 

髙井 祥子(Takai Sachiko)
硬くなった心と身体が動き出す空間を提供しています。症状の改善だけではなく、ご自分に合った生活スタイルや食習慣などの改善方法についても独自のエネルギー的観点からアドバイスし、身体の土台からしっかりと立て直していきます。
プロフィールの詳細はこちら

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP