【症例】味覚障害

「身体の土台から自信と笑顔を取り戻す」を理念に
赤ちゃんからご高齢の方まで
全国からリピーターが通うこだわりサロン
エネルギーセラピーSpare & リフレクソロジー
千葉県松戸市 home salon or*angel 髙井 祥子です。

 

日々の施術の中で、味覚の異常を訴える方が時々おられます。
そのうちの2つの症例です。

 

《症例①》 30代の女性患者さん

「最近、『苦い』という感覚が、少しおかしいんです」とのこと。
主婦ですので、食事を作る時の“味見”にも左右してきます。

調べてみると、「苦い」だけでなく、「甘い」「渋い」「辛い」にも異常が見られ、全く機能していない状態にまで、4つの味覚が落ちていました。
そして、4つの中でも、特に「苦い」「渋い」「辛い」は、元々弱いようです。

「そういえば、辛いものが苦手なんです」とのことでした。

施術後、食生活におけるアドバイスもさせていただき、症状は落ち着きました。

 

《症例①》は、一時的な味覚異常でしたが、《症例②》は、慢性化してしまっている味覚障害です。

 

《症例②》 施術を受け始めて、約3年になる70代の女性患者さん

10年以上前から、「口の中が苦い」と感じる症状が続いているそうです。

夜中には口の中が塩辛くなり、朝起きてから日中は苦い状態が続いたり、甘くなったり、苦くなったり、辛くなったり、舌がピリピリしたり。
まるで塩をそのまま食べているかのように、塩辛く感じることもありました。

金属の差し歯で炎症が見られた舌は、すぐに赤みが引きましたが、味覚異常の他にも主訴が多く、どうしてもそちらの方が優先となってしまい、味覚に関しては、サブ的な施術が長く続き、少し落ち着いたり、またひどくなったりを繰り返していました。

一番大きく絡んでいた原因は、

☑ 昔から緑茶が大好きで、濃く入れた緑茶を一日に何杯も飲んでいたこと
☑ 水道水にも、ペットボトルの水にも、合わなくなっていたこと
☑ 数年前から、金属の差し歯をしていること

という、緑茶+水+差し歯のこの3点セットによって、味覚のうちの「苦い」と「塩辛い」に対して異常を起こしていました。

しかし、更に詳しく調べていくと、「甘い」「渋い」「うま味」など、味覚のほとんどすべてが正常に機能していませんでした。

今では、口の中の塩辛さは全く無く、「ほんのりと甘い感じで、なかなかいい感じ♪」だそうです。

 

▼これまでの症例(患者さまの声)についてはこちらから

▼ご予約やご連絡に便利ですので、下記を押して、ぜひ友だちに追加してくださいね!

友だち追加

【受付中】 身近なエネルギーを感じるホームケアスクール
~ 身近なエネルギーを感じることで、自分・家族・お客さまを守る ~

詳細・お申込みはこちらから

髙井 祥子(Takai Sachiko)
硬くなった心と身体が動き出す空間を提供しています。症状の改善だけではなく、ご自分に合った生活スタイルや食習慣などの改善方法についても独自のエネルギー的観点からアドバイスし、身体の土台からしっかりと立て直していきます。
プロフィールの詳細はこちら

関連記事

home salon or*angel

千葉県松戸市五香(「五香駅」から徒歩8分)

open: 9:00~18:30(日曜日・祝日は9:00~17:30)

closed: 毎週木曜日、第2・4日曜日、不定期で土曜日

◎完全予約制

最近の記事

  1. 2020.10.20

    今年初観賞

アーカイブ

最近のコメント

PAGE TOP