【症例】家系のエネルギー

「身体の土台から自信と笑顔を取り戻す」を理念に
赤ちゃんからご高齢の方まで
全国からリピーターが通うこだわりサロン
エネルギーセラピーSpare & リフレクソロジー
千葉県松戸市 home salon or*angel 髙井 祥子です。

 

一昨日は、両親が日帰りバスツアーに行く予定にしていたらしく、実家の私の部屋で一人、遠隔施術をしながら過ごしていました。

今回の出張施術は急に決まったので仕方ありませんが、私が実家に居て、朝出掛ける両親を見送るなんて、何年ぶりのことだったでしょう。

母が一過性の脳梗塞を患ったことでかなり身体が弱り、危険な時期もありました。
それからは、また倒れることのないよう静養し、父がメインに家事を担当していましたが、その反動で母は、今度は足腰を痛めてしまいました。

手術が成功し、痛みも無くなり、その時のことが教訓となって、母は今、毎週欠かさず体操に通い、週3回以上20分のウォーキングをするようになりました。

家族からしたら、そんなに運動をしている母を、これまで見たことがありません。
(でも、学生の頃は、鉄棒と走り幅跳びの地区代表選手だったようです)

母は癌家系で、従兄弟も含め、全員が癌を患って亡くなっているようです。

2年前には母の弟(私の叔父)が癌を患い、幸いにして克服しましたが、その直後に母の弟の子供(私の従弟)は30代前半にして癌で亡くなりました。

母は、「自分もいつか癌で亡くなるだろうと思ってきたけれど、今年で78歳になるまで癌に罹らずに過ごしてこれたのは、祥子と○○(私の弟)がずっと施術してきてくれたからだと思ってるの」と、いつも口癖のように言ってくれています。

母の身体の中には、癌を含め腫瘍などに導こうとする、強いマイナスエネルギーの渦がいくつか存在していますが、週1回のSkype遠隔では毎回チェックしています。

 

今回のバスツアーでは、歩数計が13,000歩を超えるほど歩いたようです。
父の方が途中で足が攣ってしまい、「一人で神社まで登ってきて」と母に言うと、「頑張って行ってくるわ!」と元気よく歩いて行ったと聞き、私も驚きました。

今では、父よりも母の方が元気です。

 

父は、家系のことやお墓のこと、その他困ったことがあれば、「祥子にみてもらうわ」といつも言っているらしく、今回の帰省時にも、塔婆のことで相談を受け、父と母にとって良いプラスのエネルギーへ導けるように、アドバイスさせてもらいました。

そして今日の定休日は、Spareと整体とリフレでしっかりと2人のメンテナンスをしました。

 

 

写真は、昨日の出張施術で、患者さま宅でお昼ご飯とおはぎをいただきました。
ご主人を施術中に、作ってくださいました。

あんこも奥さまの手作りで、前日から仕込んでくださったそうで、とっても美味しかったです。
両親にまでお土産をいただき、ごちそうさまでした。

 

▼これまでの症例(患者さまの声)についてはこちらから

 

【受付中】 身近なエネルギーを感じるホームケアスクール
~ 身近なエネルギーを感じることで、自分・家族・お客さまを守る ~

詳細・お申込みはこちらから

 

髙井 祥子(Takai Sachiko)
硬くなった心と身体が動き出す空間を提供しています。症状の改善だけではなく、ご自分に合った生活スタイルや食習慣などの改善方法についても独自のエネルギー的観点からアドバイスし、身体の土台からしっかりと立て直していきます。
プロフィールの詳細はこちら

関連記事

home salon or*angel

千葉県松戸市五香(「五香駅」から徒歩8分)

open: 9:00~21:00

closed: thu, 2,4sun & irregular sat

◎完全予約制

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP