【症例】隠れアレルギー

食品、化学物質、重金属、医薬品、花粉、動物、カビ、ハウスダスト、電磁波、人、冷たいもの、寒暖差など、アレルギー疾患の原因となり得るものは、私達の生活の中に溢れています。

アトピー性皮膚炎や湿疹、花粉症、気管支喘息などの症状として現れる【自覚できるアレルギー】で悩む人もいれば、精神不安を起こしたり、集中力を低下させたり、幻覚や幻聴、むくみ、不眠、頻尿、体のだるさ、更に別のアレルギーを併発させる原因になるような【隠れアレルギー】を持っておられる方が少なくありません。

また【自覚できるアレルギー】を持っておられる患者さまの9割が、【隠れアレルギー】のエネルギー反応も持っておられました。

【隠れアレルギー】は、普段は身体の奥深くでおとなしくしているのですが、生活習慣や環境の変化、思考や言動、日常の癖、加齢などが『引き金』となって、気付かないうちに顔を出したり、引っ込めたりを繰り返していることがあります。

50代の女性患者さま。

この【隠れアレルギー】が、電磁波、重金属、アルミニウム、ミネラル、卵、発酵食品、乳製品、酒、化学物質、花粉の10項目で反応がありました。

これらの【隠れアレルギー】を引っ張り出す原因となっていたのが、なんと「メガネ」でした。

チェックしてみると、この老眼鏡が、半年ほど前から合わなくなってきているように感じました。

それと、「涙のエネルギーが足りない」という反応が出ていたので、「もしかしたらドライアイの可能性があるかもしれませんので、メガネと合わせて、眼科で診てもらってくださいね」とお伝えしました。

遠くはよく見えるため、普段はメガネを着用されていませんでした。
何度もこの患者さまを施術させていただいたにも関わらず、メガネ姿を拝見したことがなかったので予想外でしたが、書き物をする時は、手元用の老眼鏡を使用されているとのこと (日常的にメガネを掛けておられる患者さまは、時々チェックしています)

ご本人曰く、

「裸眼だと、近くのものが全然見えないので、8年前に買ったこのメガネでも充分によく見えていると思い込んでいました」

早速、眼科を受診すると、

「医師からやはりドライアイと診断され、3段階ぐらい老眼が進んでいると言われました。
 遠くは1.0~1.2の視力があるので、不自由なく見えていると思っていました。
 ビックリです!」

身体は複数の【隠れアレルギー】を出すことで、メガネに拒絶反応を起こしていることを教えてくれていたのです。

私達の日常は、普段、頭で考えているところの「顕在意識」の上で成り立っています。
本人にも隠されている、意識していない「潜在意識」が9割以上もあり、それが知らない間に心身に重く関わってきていると考えられています。

このように、自分の身を守るために、実は【見えないサイン】を自らが出して知らせてくれているのです。

▼これまでの症例(患者さまの声)についてはこちらから

【受付中】 身近なエネルギーを感じるホームケアスクール
~ 身近なエネルギーを感じることで、自分・家族・お客さまを守る ~ 詳細・お申込みはこちらから

髙井 祥子(Takai Sachiko)
硬くなった心と身体が動き出す空間を提供しています。症状の改善だけではなく、ご自分に合った生活スタイルや食習慣などの改善方法についても独自のエネルギー的観点からアドバイスし、身体の土台からしっかりと立て直していきます。
プロフィールの詳細はこちら

関連記事

home salon or*angel

千葉県松戸市五香(「五香駅」から徒歩8分)

open: 9:00~21:00

closed: thu, 2,4sun & irregular sat

◎完全予約制

最近の記事

  1. 2019.07.4

    梅仕事2019

アーカイブ

PAGE TOP