【祥子のon & off通信】腫瘍という言葉の受け止め方

「身体の土台から自信と笑顔を取り戻す」を理念に
赤ちゃんからご高齢の方まで
全国からリピーターが通うこだわりサロン
エネルギーセラピーSpare & リフレクソロジー 千葉県松戸市
home salon or*angel 髙井 祥子です。  

 

「デキモノ」の施術依頼もあります。

「デキモノ」と言っても、

ちょっとした吹き出物、
湿疹、
口内炎、
蕁麻疹、
ポリープ、
しこり、
胆石、
子宮筋腫、
卵巣膿腫、
良性腫瘍、
悪性腫瘍・・・

と、種類はさまざま。

そして、すべて、エネルギーの感じ方が違います。
(違っていないと区別できないので、当然ですが)

「腫」の意味を辞書で調べてみると、
「一部が膨れ上がる、腫れる、浮腫む」。

「瘍」の意味は、
「できもの、かさ、瘡」。

つまり「腫瘍」とは、
「腫れたデキモノ」「浮腫んだデキモノ」という意味です。

「腫瘍」=「ガン」と思い込んでしまっている人がまだまだ多いですが、
「ガンは、腫瘍というグループの中の1つ」です。

エネルギーセラピーSpareでも、
「腫瘍エネルギー」の反応がみられ、
施術させていただくことはあります。

しかし、反応があるからと言って、
必ずしも病院での検査で、腫瘍やポリープが見つかるという訳ではありません。
また、悪性とも限りません。

「腫瘍エネルギー」の反応が出てくると、
何かしらの危険信号を知らせてくれているように感じます。

細胞のエネルギーの流れが異常な状態になり、
マイナスエネルギーが増えて溜まりやすく、
塊のようになった箇所。

マイナスエネルギーの塊になった場所には、
重金属、化学物質、菌やウイルス、マイナスの感情といったものを
引き寄せやすくなってしまいます。

そして、異常なエネルギーの流れや、塊を作るのには、
必ず原因はあるはず。

「気にし過ぎ」はまたストレスになる場合もありますが、
「違和感」を感じることがあれば、ぜひお伝えくださいね。

▼【祥子のon & off通信】は、こちらからご覧いただけます↓

▼ご予約やご連絡に便利ですので、下記を押して、ぜひ友だちに追加してくださいね!

友だち追加

髙井 祥子(Takai Sachiko)
硬くなった心と身体が動き出す空間を提供しています。症状の改善だけではなく、ご自分に合った生活スタイルや食習慣などの改善方法についても独自のエネルギー的観点からアドバイスし、身体の土台からしっかりと立て直していきます。
プロフィールの詳細はこちら

関連記事

home salon or*angel

千葉県松戸市五香(「五香駅」から徒歩8分)

open: 9:00~17:30(受付9:00~16:00)

closed: 毎週木・日曜日、不定期で土曜日

◎完全予約制

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP